誰と交渉をするのか

交通事故になったときには示談交渉をすることになります。普通は加害者側の保険会社との間での示談交渉になります。ただし、もしも加害者が任意保険に加入していないという場合には相手との直接交渉になります。任意保険にこちらが入っている場合には、相手の保険会社同士の担当が話しあって示談を進めるという形になります。

自分の保険会社であっても、信頼が絶対的に出来る味方であるかどうかということはわからないです。ポイントはきちんと自分の主張をすることです。保険会社というのは、百戦錬磨の相手であって、法律の知識も豊富であり、何度も交渉を他の人と交渉する機会があったわけですから、示談になったときに、金額を見せられたときにも低い金額ということに気がつかないままに示談してしまうことになる可能性があるのです。

弁護士もしも被害者になってしまったという場合には、保険会社との示談交渉になるわけですから、そのときには弁護士にきちんと依頼をして、自分が不利にならないようにすることがとても大事になります。自分の身は自分でしっかりと守るように心がけましょう。弁護士はお金がかかるのでは?と思われますが、依頼をした方が得が出来る可能性は高くなることを覚えておきましょう。最後に示談にかかる時間について説明します。