示談のタイミングに注意

示談というのは、事故直後の対応がとても大事というのをご存知でしょうか。

交通事故が起こり被害者になった場合には、相手が逃亡してしまう可能性は0ではありません。ひき逃げ事故も起こることがあるわけですから、注意しなければなりません。まずは加害者の身元確認をすることは絶対条件になります。警察が来たとしても、相手が情報をきちんと教えてくれるとは限らないですから、警察だけではなくて、自分でもきちんと話を聞いておくことが大事です。

警察ちなみに、事故発生時には警察への届出が義務付けられていますから、どういった場合でも必ず通報することが求められます。警察を呼ばないで欲しいといわれることもあるかもしれませんし、示談をして欲しいといわれるかもしれませんが、それは絶対にNGです。

もし、怪我をしていてその場で示談をしてしまったとしたら、その時点で話は終わってしまいます。話が終わりということは、その後にもしも後遺症が出てしまったとしても、何も交渉が出来なくなってしまいます。ですから、示談というのは、交通事故現場ではなくて、きちんと話が進んでから交渉を開始するというのが一般的です。くれぐれも対応を間違えないようにしたいところです。

ちなみに、加害者になったときには迅速に警察に連絡をして誠意を相手に見せることが大事です。