誰と交渉をするのか

交通事故になったときには示談交渉をすることになります。普通は加害者側の保険会社との間での示談交渉になります。ただし、もしも加害者が任意保険に加入していないという場合には相手との直接交渉になります。任意保険にこちらが入っている場合には、相手の保険会社同士の担当が話しあって示談を進めるという形になります。

自分の保険会社であっても、信頼が絶対的に出来る味方であるかどうかということはわからないです。ポイントはきちんと自分の主張をすることです。保険会社というのは、百戦錬磨の相手であって、法律の知識も豊富であり、何度も交渉を他の人と交渉する機会があったわけですから、示談になったときに、金額を見せられたときにも低い金額ということに気がつかないままに示談してしまうことになる可能性があるのです。

弁護士もしも被害者になってしまったという場合には、保険会社との示談交渉になるわけですから、そのときには弁護士にきちんと依頼をして、自分が不利にならないようにすることがとても大事になります。自分の身は自分でしっかりと守るように心がけましょう。弁護士はお金がかかるのでは?と思われますが、依頼をした方が得が出来る可能性は高くなることを覚えておきましょう。最後に示談にかかる時間について説明します。

示談のタイミングに注意

示談というのは、事故直後の対応がとても大事というのをご存知でしょうか。

交通事故が起こり被害者になった場合には、相手が逃亡してしまう可能性は0ではありません。ひき逃げ事故も起こることがあるわけですから、注意しなければなりません。まずは加害者の身元確認をすることは絶対条件になります。警察が来たとしても、相手が情報をきちんと教えてくれるとは限らないですから、警察だけではなくて、自分でもきちんと話を聞いておくことが大事です。

警察ちなみに、事故発生時には警察への届出が義務付けられていますから、どういった場合でも必ず通報することが求められます。警察を呼ばないで欲しいといわれることもあるかもしれませんし、示談をして欲しいといわれるかもしれませんが、それは絶対にNGです。

もし、怪我をしていてその場で示談をしてしまったとしたら、その時点で話は終わってしまいます。話が終わりということは、その後にもしも後遺症が出てしまったとしても、何も交渉が出来なくなってしまいます。ですから、示談というのは、交通事故現場ではなくて、きちんと話が進んでから交渉を開始するというのが一般的です。くれぐれも対応を間違えないようにしたいところです。

ちなみに、加害者になったときには迅速に警察に連絡をして誠意を相手に見せることが大事です。

交通事故の示談について知りたい

交通事故被害にあったとき、相手との示談交渉を行うことになります。これは、自動車保険会社との交渉になるわけですが、交通事故の後には、示談を開始するタイミングをいつにするかというのがとても大事なのです。

それに加えて、示談交渉をするときには、誰をターゲットにするのかということも問題になります。加えて、示談を有利に進めるためにはどういう流れにしたらいいのかということを含めた注意点についても知っておきたいところです。

そもそも、示談とはどのようなものなのかということもそうですし、期間がどのくらいになるのかということについて、さらには示談と裁判はどのような違いあるのかということもしっかりと理解しておくことが大事です。簡単に言うと、示談は話し合い、裁判は争いによって損害賠償金額を決めるというものとなります。

女の子示談というのは、交通事故が起こったときには、何かしらお金がかかることになります。怪我をしたら治療をしなければなりませんし、車の破損があれば直す必要もあります。後遺障害が残った場合にはそれに対しても請求をする必要が出てきますし、もしも死亡となったらそれに対してもお金の請求をする必要があります。こうしたことに対しての支払いを受けるには、事故の相手との話し合いをして損害賠償額と支払い方法を決める必要があるのです。この交渉を示談交渉というのです。

ちなみに、示談交渉において、弁護士に依頼をすることはその交渉においてかなりの優位に立つことが出来ることは間違いありません。しっかりとその中身について知っておくと良いでしょう。